「figure要素」でテーブル(表)の説明を入れる方法

「figure(フィギア)」は「像」「図形」などの意味があり、「figure要素」は、「テーブル(表)」「図形」「写真」などと説明を結びつける場合に使用します。

広告

マークアップ方法・例

「テーブル(表)」の場合のマークアップ方法は、「table要素」全体を「figure要素」で囲み、要約を「figcaption要素」で示してから、説明文を記述します。

HTMLソース

<figure>
<figcaption>支店別の従業員数と販売数</figcaption>
<p>下記の表は、2015年7月時点の支店別従業員数と、同年7月度の販売数を示しています。</p>
<table>
<tr>
<th rowspan="2">支店名</th><th rowspan="2">従業員数</th><th colspan="3">販売数</th>
</tr>
<tr>
<th>A商品</th><th>B商品</th><th>C商品</th>
</tr>
<tr>
<td>函館</td>
<td class="list">10人</td>
<td class="list">30個</td>
<td class="list">20個</td>
<td class="list">10個</td>
</tr>
<tr>
<td>仙台</td>
<td class="list">20人</td>
<td class="list">60個</td>
<td class="list">40個</td>
<td class="list">20個</td>
</tr>
<tr>
<td>大阪</td>
<td class="list">30人</td>
<td class="list">90個</td>
<td class="list">60個</td>
<td class="list">30個</td>
</tr>
<tr>
<td>合計</td>
<td class="list">60人</td>
<td class="list">180個</td>
<td class="list">120個</td>
<td class="list">60個</td>
</tr>
</table>
</figure>

CSSソース

table,th,td {
border:solid 1px black;
}
td.list {
border:solid 1px black;
text-align: right;
}

ブラウザ表示

支店別の従業員数と販売数

下記の表は、2015年7月時点の支店別従業員数と、同年7月度の販売数を示しています。

支店名従業員数販売数
A商品B商品C商品
函館10人30個20個10個
仙台20人60個40個20個
大阪30人90個60個30個
合計60人180個120個60個

HTML5 に戻る

ホームページ作成方法 TOPに戻る

広告

【人材募集情報】
「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダーの
株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。